プロフィール

tama_lion

Author:tama_lion
FC2ブログへようこそ!

最新記事
Tags
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Recommended

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録:2013上半期

07 18, 2013 | Book

0 Comments
どうもおひさしぶりです.
台湾での狂犬病発見で『イタチアナグマ』の検索が激増したようで,普段の20倍くらいPVがあって驚きました.
にしても半年ごとの読書記録の間にひとつも記事なしは我ながらひどいですね...
フォッサの社会性のフォローアップ,ナマケモノの性生活,パスワードでヒナを守る鳥,アフリカの高山地帯のツンデレなネズミetc. いろいろネタ考えてはいたんですが.と,ここに晒して自分を追いつめておこう.
とりあえず今回は上半期読んだ生物本のまとめです.


ミトコンドリアが進化を決めた
進化生物学の本は読み慣れてるけどマクロな話がほとんどなので,いちばんベースになるミトコンドリアがエネルギーを生み出す生化学的メカニズムに関しての章はついてくのがちょっとしんどかった.とはいえそれを越えるとジェットコースター的な面白さで目ウロコだばー.メタン生成菌と細菌のたった一度の蜜月が体サイズとゲノムサイズを抑える足枷を外し,大型化,多細胞化,内温性といった複雑性への道筋をつけた一方で,2つの性とその対立,細胞や個体の死と老化をも運命づけた... まさに「この生命観には壮大なものがある」だなあ.



How and Why Species Multiply: The Radiation of Darwin's Finches
本文わずか167ページの薄さに,ガラパゴス諸島のフィンチ類に起きているリアルタイムの種分化に関する30年以上のフィールドワークの成果が凝縮されたすごく濃密で贅沢な本.『フィンチの嘴』で有名になった気候の年次変動と嘴の形態の関係については,形態を制御する遺伝子の胚発生中の発現時期が種によって異なるといったエボデボ研究,気候条件が同じでも島の種構成によっては嘴の形態への淘汰圧が逆向きになるといった群集生態学的研究など多方面に展開中.生殖隔離の重要な要素であるさえずりの種差・個体群差にも分量が割かれている.同所的分布のフィンチでは多くの種間に雑種がみられ,それによって系統関係にはいまだ未解決な部分もあるものの,じつはこうした雑種化が適応放散の初期段階では種分化に重要な役割を果たしているらしい.面積ー種数関係みたいなマクロ視点では見えない種分化の動的なプロセスの部分が学べます.



孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生
バッタの相変異の話に触れるのは小学生のときに昆虫図鑑で読んで以来.もっと固定的なものかと思ってたけど,実際には中間的な特徴の個体を含めたスペクトラムで,しかも成虫になってからもわずか2日の「混み合い」で卵のサイズを生み分けられたりかなり柔軟で迅速に環境変化に応答すると知って興味深かった.バッタのことなら何でも知りたいという(異常な?)愛情が多くの新たな発見に結びついているのがすごくいい.「泡説」をめぐっての大御所との論争も熱かった.



The Kingdom of Rarities
生態系はなぜ少数の普通種と多数の稀な種からなりたっているのか?という疑問を最初に提示しつつ,中身は研究者兼WWFの保全活動家である著者が世界各地の絶滅危惧種/絶滅危惧生態系の保全プロジェクトを訪ねる紀行文.ニューギニア島のフォジャ山脈での多数の新種の発見や,ベトナムのジャワサイの絶滅などごく最近の話題も多い.ただ,『ドードーの歌』や『翳りゆく楽園』のようにテーマのかぶる本をすでに読んでいたのであんまり目新しさはなかったかな.
羽―進化が生みだした自然の奇跡
生態学者や古生物学者からダウン業者に帽子職人まで幅広いインタビューの比率高めなせいかすごく読みやすい.よくある「進化のX大発明」はたいてい全てがヒトの辿った道にあって,最後の1つ2つはヒトだけのものなんだけど,そこに羽を入れないのはフェアじゃないなと読み終わる頃には思えてきた.ベルンド・ハインリッチの野外実習のエピソードは『ワタリガラスの謎』を読んでるといろいろ納得.コリン・タッジ『鳥』,ティム・バークヘッド『鳥たちの驚異的な感覚世界』にこれと,鳥のナチュラルヒストリーの良書が次々翻訳されてて嬉しい限り.



Monster Of God: The Man Eating Predator In The Jungles Of History And The Mind
人食いの獣に殺される人の数ってものすごく少なくて,目に見える生物による死だけみても毒蛇やハチの数ケタ下.でもやはりただ死ぬのと食われるのには天と地ほどの差があって,今も昔もman-eaterは恐怖,憎悪,畏怖,軽蔑と様々な形でヒトの感情をかき乱す.多くの社会の辺境で何世代にもわたって続いてきたヒトと猛獣の緊張感に満ちた共存の変わりゆく現状をルポ.主な取材対象はインドライオンとグジャラートのマルダリ族,イリエワニとアーネムランドのヨルング・アボリジニ,ルーマニアのヒグマと猟場管理人,アムールトラとウデゲ族.



Gold Rush in the Jungle: The Race to Discover and Defend the Rarest Animals of Vietnam's "Lost World"
ベトナムでの生物多様性保全についての一般向けの本ってたぶん他にないだろうから貴重な一冊ではあるんだけど,いくつかの章がウェブ媒体に載った記事の改変再掲だからか内容に繰り返しが多くてちょっと期待外れ.クックフォーン国立公園のEPRCについては詳しいけど,それ以外の取材は踏み込みが足りない気が.市場のブッシュミート取引とか実際見てきてもよかったんじゃない?新発見についてもサオラとホエジカばっかり推しすぎで多様性の印象が薄いなあ.これだったらmongabay.comとかの記事読んでればいいかなと思ってしまった.



Odd Couples: Extraordinary Differences Between the Sexes in the Animal Kingdom
ゾウアザラシ,ノガン,チョウチンアンコウ,コガネグモ,ムラサキダコなど動物のなかでも飛び抜けて極端な性的二型がある選りすぐり8種の生態を解説しつつ,性差と性淘汰の関係をみていこうという本.いちおう一般向けのはずだけど,このテーマならもっとはっちゃけて面白く書けるだろうに,真面目すぎて中途半端な感じ.図表とか論文まんまの形式だしね.まあ,これ系で『ドクター・タチアナの男と女の生物学講座』を超える本は出てこないかなあ.
スポンサーサイト

« January Tweets Roundup 読書記録:2012下半期 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。