プロフィール

tama_lion

Author:tama_lion
FC2ブログへようこそ!

最新記事
Tags
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Recommended

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想Tweet: 2010

04 29, 2011 | Book

0 Comments
最近,本を読み終わると感想をTwitterで流すようにしています(全部ではないですが...).
こちらでちゃんと書評を書こうと思うと気が重いのですが,面白かった本は紹介したいし,140字ならすぐ埋まるのでそこそこ続いています.
ちなみに読書メーターも使っていますが,サイトの見た目のダサさに感想書く気を削がれて記録だけですw

Twitterは目に入るか否かはタイミング次第なので,今までのものをここにまとめておこうと思います.
ポピュラーサイエンス,動物もの中心です.あ,口調がぜんぜん違いますが,Twitterではこんな感じです.

「自然保護の神話と現実―アフリカ熱帯降雨林からの報告」読了。味気ないタイトルだけど面白かった。持続可能な開発を通した自然保護プロジェクトは失敗するというのが正しいのかはわからんけど、本末転倒な失敗例があったことは知ってて損はないわな http://amzn.to/9vCREsThu Jun 03 14:29:18 via web


The Big Cats and Their Fossil Relatives読了! http://amzn.to/bYMl8a 半分くらいイラストなので楽しく読めた。マカイロドゥスの顔と並べるとライオンが丸顔でかわいく見えるw スミロドンの社会性がもっとわかるといいねえWed Jul 07 15:52:20 via web


ニワトリ 愛を独り占めにした鳥 http://amzn.to/cDRYOg 読んだ。遠藤センセは哺乳類の人だと思ってたのでニワトリってのが意外。タイトルは濃いけど中身は新書だしあっさりしてた。家禽化の話はしっくりこないなー。いろいろ試してヤケイが一番うまくいっただけだと思うThu Jul 15 14:39:37 via web


ラン熱中症―愛しすぎる人たち http://amzn.to/d0kHcO 読んだ。ワシントン条約がランの保護にまるで役立ってない、という指摘も興味深いけど、オタの生態が濃ゆくて面白い。可憐な花が卑猥に見えてくるのは「沼」にはまった人たちの異常な愛情ゆえかSat Aug 14 09:46:23 via web


「極北で」読んだ。 http://amzn.to/9SmDL9 なんか圧倒された。「神が人間を行かせるおつもりのなかったところへ、俺たちは行ってしまったんだ」という言葉は無神論者(にみえる)主人公が言ってこその重みがあったThu Aug 19 06:54:21 via web


「進化のなぜを解明する」 http://amzn.to/acvdXz 読了。自然淘汰による進化が事実であることをとっても丁寧に解説する良本。進化心理学にはやや批判的?脚注やfurther readingにオンラインリソース(含ようつべ)を豊富に挙げているのがこの手の本には珍しいTue Aug 24 13:36:32 via web


フルーツ・ハンター―果物をめぐる冒険とビジネス http://amzn.to/9Hrq5s 読了。詰め込み過ぎ感もあるけど、ミラクルフルーツが販売禁止になった顛末、キウイになれなかったマイナー果物、へんぴな砂漠でナツメヤシを育てるカルト残党の老人などネタに富んでて◎Wed Sep 08 10:03:20 via web


「捕食者なき世界」 http://amzn.to/cfWEOr 読了。生態系のトップダウンコントロールについての本。食肉目好きなら楽しめるはず。原著にはなかったという図を入れて千円台に収まってるのは良心的なんだけど、カンムリクマタカと表記された写真がエボシクマタカなのは残念だーSun Sep 19 15:02:17 via web


スポンサーサイト

« インディアナポリス動物園に行きました(1) クリック募金 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。