プロフィール

tama_lion

Author:tama_lion
FC2ブログへようこそ!

最新記事
Tags
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Recommended

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録:2012下半期

12 28, 2012 | Book

0 Comments
今回は読書メーターに書いた,tweetよりちょっと長めのが多いです.


バナナの世界史――歴史を変えた果物の数奇な運命
Banana RepublicといえばGAPの上位ラインとして、変な名前だなあと思ってたけど、バナナに経済を依存しアグリビジネスと米政府の意のままに政権をすげ替えられる中米諸国のことだった。チキータ、ドールで知られるそんなアグリビジネスの裏側と、病原体との闘いを中心とした、現在進行形のバナナのダークヒストリー。先進国には事実上1品種しか出回ってない今の状況は病原体にとても脆弱で、過去にも起きたようにいつ崩壊してもおかしくない。東南アジアで食べたバナナは甘みも酸味も強くておいしかったけど在来種だったのかな


親切な進化生物学者―― ジョージ・プライスと利他行動の対価
どん底ではなく、生活を立て直そうと努力し始めた矢先に自ら命を絶ってしまったというのがまた悲しいけれど多くの自殺者もそうだと言いますね。利他行動の進化の研究史とプライス本人の破天荒な人生の伝記が絡み合う構成は見事で、題材は違うけど『不死細胞ヒーラ』を思い出した


Bird Sense: What It's Like to Be a Bird
鳥の五感+磁気感覚、感情についてそれぞれ1章というわかりやすい構成で、かといって教科書的にもならず、研究史をなぞりつつ印象深い研究は詳しめに、自らのフィールドワークでのエピソードもふまえた楽しい読み物でした。もちろん鳥類界の変わり者たちも羽に毒をもつピトフーイ、特殊な生殖器をもつウシハタオリ、エコーロケーション能力をもつアブラヨタカなど多数紹介。邦訳の既刊がある著者だし、これも訳されるといいなあ。

<2013/3/12 追記>
...と思ってたら邦訳が出ましたね!
英語メディアでもかなり評判がよく、いろんなサイトで去年の科学書ベストセレクションに選ばれていました。
手に取りやすくなったということで改めておすすめします。

鳥たちの驚異的な感覚世界




コンゴ・ジャーニー〈上〉

コンゴ・ジャーニー〈下〉
テレ湖の恐竜モケレ・ムベンベを探せ!濃ゆすぎる登場人物と共に人の命が紙切れのよに軽いコンゴ奥地に分け入れば、恐怖と疲労と呪術的日常が理性を浸食しいつしか夢も幻覚も現実も一緒くた。紀行物苦手な自分にも面白すぎな怪作だった

続きを読む »

スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。