プロフィール

tama_lion

Author:tama_lion
FC2ブログへようこそ!

最新記事
Tags
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Recommended

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴力の連鎖 in ガラパゴス

12 28, 2011 | Articles

0 Comments
観光業者と地元住民の軋轢は修復不可能な域にまで達し,ダーウィンが愛した進化の実験場を危機に陥れているー

ーみたいな話ではなく,今回の主役はカツオドリ.

Nazca Boobies (Sula granti) Nesting
ナスカカツオドリ.Photo by Bill Bumgarner on Flickr

CHUMSのキャラクターとしてもおなじみの,ペリカン目カツオドリ科に属する大型の海鳥で,10種程度が知られています.
ユニークな顔つき,いじらしい求愛ダンス,寿命が長く一夫一婦制(ただし一定の割合で「離婚」もある:人間もそうですが)など,親しみのわく特徴をそなえる彼ら.しかしガラパゴス諸島に生息する3種のカツオドリのひとつ,ナスカカツオドリSula grantiには知られざるダークサイドがあります.

それはきょうだい殺しとヒナの虐待.

ナスカカツオドリはふつう一度に2つの卵を産みますが,育てるヒナは一羽だけ.
2番目は最初の卵が孵らなかった時のスペアに過ぎず,2羽とも孵った場合は先に孵ったヒナが弟妹を殺してしまうのです.

また,虐待は,その年の繁殖を見送ってコロニー内でヒマしている成鳥が行う奇妙な悪癖で,親鳥が留守の隙によその巣を訪れ,ヒナにかみつくわ交尾を迫るわといったもの(こちらは殺すまではいかない).これもきわめて高頻度で行われていて,この虐待を受けずにおとなになるヒナはいないといいます.

ちなみに近縁のアオアシカツオドリSula nebouxiiにはどちらの行動もほとんど見られません.

Blue Footed Booby Courtship Dance
アオアシカツオドリ.Photo by Scott Ableman on Flickr

となると想像はつきますが,やはりきょうだい殺しとよその子虐待には関連がありました.
2008年に発表された研究で,弟妹を殺さなかった(一緒に仲良く育ったのではなく,もう1つの卵が孵らなかった)ヒナよりも殺したヒナの方が,体内のアンドロゲン濃度が高く,成鳥になったあともよそのヒナに対して攻撃的ということがわかっています.
つまり競争相手を消し,親鳥が捕ってくるエサを独占するという適応的な攻撃性が,副産物として成長後のよそのヒナへの攻撃をうむ,という説明が成り立つわけです.

ヒナをいじめる様子の写真はこちら Boobie Album: Images of Bullying Birds (LiveScience)

しかし弟妹を殺さなかったヒナが虐待をしないわけではないので,この悪癖には他の原因もあるはず.
そこで注目されたのが,「虐待の連鎖」でした.

ヒトにおいては,子どもの頃の被虐待・被ネグレクト経験は成長後の犯罪のリスクになる(念のためいうと,もちろん大多数は犯罪に手を染めない)ことが知られています(例えばWidom & Maxfield, 2001 ただし直接自分の子どもへの虐待・ネグレクトへという話はすぐには見つかりませんでした).
鳥では,それも親以外の個体からの虐待ではどうなのか?

24羽の野生のナスカカツオドリを対象に,ヒナのときに受けた虐待の頻度と成鳥になってからよそのヒナを虐待した頻度の関連をみると,やはりそこには正の相関があり,しかもその結びつきは前述のきょうだい殺しと虐待の関係よりもはるかに強いものでした.

すべてのヒナがなんらかの虐待を受けているから,(まだわからない生理的メカニズムによって)きょうだい殺しをしたしてないに関わらず成鳥になると自分も虐待者になるのであって,そこにはなんのためという適応的説明はいらないのかも,と著者らは言います.また,ナスカカツオドリがアオアシカツオドリのヒナをいじめることもあり,その場合暴力の連鎖が別種にまで波及するのかどうかも興味深いテーマ,とも.

実はこの研究,夏のアメリカの学会でポスター発表されていたのですが,ずっと人だかりでちゃんと説明を聞けなくて残念でした.どうやら野外実験もやってるらしいのですが... 今後も注目しておきたい研究です.

参考文献
Müller et al. (2008). Perinatal androgens and adult behavior vary with nestling social system in siblicidal boobies. PLoS ONE 3:e2460.
Müller et al. (2011). Maltreated nestlings exhibit correlated maltreatment as adults: evidence of a "cycle of violence" in Nazca Boobies (Sula granti). The Auk 128: 615-619.
Widom & Maxfield. (2001). An Update on the “Cycle of Violence”. Research in Brief, Washington, D.C.: U.S. Department of Justice, National Institute of Justice. NCJ 184894.

スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。