プロフィール

tama_lion

Author:tama_lion
FC2ブログへようこそ!

最新記事
Tags
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Recommended

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォッサの共同ハンティング

05 26, 2010 | Articles

0 Comments
タイトルにもつけたことなので、当ブログはフォッサのことをしつこく(?)フォローしていくつもりですが
また面白い話をみつけました。
なんと単独性のフォッサが共同で狩りをするというのです。
An unusual case of cooperative hunting in a solitary carnivore

フォッサは純肉食性でキツネザルやテンレックを主食としており、特に大型種を好むといいます。
主に一頭でいるところが観察されるため単独性とされていますが、
キリンディ森林保護区では過去16年の間に複数のフォッサが共同で狩りをするところが5回目撃されているそう。
いずれも頭数は2頭で、構成はオス同士またはオスとメス。獲物はディアデムシファカまたはベローシファカ。
こうした報告を裏付ける事例として、50m四方ほどの範囲で樹上を逃げ回るベローシファカを、3頭のオスのフォッサが樹上と地上から45分間にわたって追い回し、ついには仕留めるまでの様子が記述されています。
(↓これは共同ハンティングではありませんが、イメージとして)


共同狩猟は社会性の結果あるいは社会性を形成した要因と考えられているので、単独生活種にみられるのはきわめて異例です。
なぜフォッサに共同狩猟がみられるのか?
敏捷なシファカを追跡して仕留めるには複数の方が効率がいい、というのがひとつの可能性です。
1頭では大きすぎて殺せない獲物を複数で狩る、ということも他の肉食獣ではありますが
これはフォッサの体重が10キロ前後、シファカは3キロ前後ということを考えると可能性は薄い。
しかし、2000-500年前まで生息していたMegaladapisやPalaeopropithecusといった巨大なキツネザルを獲物にしていたときの習性が残存しているとも考えられるといいます。
あるいは、フォッサのオスは繁殖期にメスを囲い込むための連合を作り、その副産物として共同で狩りも行うというチータのオスに似た生活をしている可能性も。
この場合、報告のあるオスとメスのペアは母親と子どもだと考えられます。

食肉目にはアナグマなど、採餌は単独だけど群はつくるという種は知られていましたが
フォッサは社会性と狩りの関係の再考を促す存在かもしれません。

参考文献
Lührs, M.-L. and Dammhahn, M. 2009. An unusual case of cooperative hunting in a solitary carnivore. Journal of Ethology 28, 379-383.





スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。