プロフィール

tama_lion

Author:tama_lion
FC2ブログへようこそ!

最新記事
Tags
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Recommended

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロミオと呼ばれたオオカミ

07 27, 2015 | Book

0 Comments

2003年冬、アラスカ・ジュノーに突然現れた立派な体躯の黒いオオカミ。

餌をねだるでも求愛するでもなく、ただ犬と友達になりたかったとしか思えない「彼」は、いつでも超然として、人や犬の無礼で無謀なふるまいにも決して攻撃性を示さなかった。夢のような時間は一冬の気まぐれですらなく、次の年もその次の年も続く。だが存在が知れ渡り、ギャラリーが増えるにつれ、著者をはじめ本来の野生のオオカミを知る人たちが守ろうとしていた一線は霧消し、比較的リベラルなジュノーにも歴然とあった親オオカミvs反オオカミの対立が表面化する。

いくつかの事件が起き、静観を通してきた行政当局も対応を余儀なくされる。ロミオ自身にも老いの兆しがみえ、どんな形であれ「終わり」は見えはじめていた。それでも、こんな形しかなかったのか、と絶句するような最期には胸を締めつけられる。

ロミオは並外れたオオカミだった。ごくまれに現れても、普通はすぐに遺伝子プールから排除されてしまうような性質という意味では、異常だったというべきかもしれない。だが、のべ数千時間を人々の目の前で過ごしながらも、彼の生活は謎に満ちていた。他のオオカミとの交流はあった。群れの一員だったかもしれない。アルファとして子供がいた可能性すらある。そして、2頭の飼い犬を殺した可能性も。

ロミオとジュノーの人々との交流は、どちらにとってもあまりに危険と隣り合わせで、野生動物との共存の理想像とは程遠いだろう。それでも、野生のオオカミの平均寿命をはるかに越えて続いたのは事実だ。

ぼく自身の妄想でいえば、ロミオは自分の命をもって、人間がどれだけ寛容でいられるかをテストしていたような気がする。危ういながらも続いた平和の長さをもって合格というべきか、悲劇的な最期をもって落第というべきかはわからないが、確かにロミオは両極端のあいだのあらゆるバリエーションを引き出し、それをよく観察していた。
スポンサーサイト

読書記録:2013上半期

07 18, 2013 | Book

0 Comments
どうもおひさしぶりです.
台湾での狂犬病発見で『イタチアナグマ』の検索が激増したようで,普段の20倍くらいPVがあって驚きました.
にしても半年ごとの読書記録の間にひとつも記事なしは我ながらひどいですね...
フォッサの社会性のフォローアップ,ナマケモノの性生活,パスワードでヒナを守る鳥,アフリカの高山地帯のツンデレなネズミetc. いろいろネタ考えてはいたんですが.と,ここに晒して自分を追いつめておこう.
とりあえず今回は上半期読んだ生物本のまとめです.


ミトコンドリアが進化を決めた
進化生物学の本は読み慣れてるけどマクロな話がほとんどなので,いちばんベースになるミトコンドリアがエネルギーを生み出す生化学的メカニズムに関しての章はついてくのがちょっとしんどかった.とはいえそれを越えるとジェットコースター的な面白さで目ウロコだばー.メタン生成菌と細菌のたった一度の蜜月が体サイズとゲノムサイズを抑える足枷を外し,大型化,多細胞化,内温性といった複雑性への道筋をつけた一方で,2つの性とその対立,細胞や個体の死と老化をも運命づけた... まさに「この生命観には壮大なものがある」だなあ.



How and Why Species Multiply: The Radiation of Darwin's Finches
本文わずか167ページの薄さに,ガラパゴス諸島のフィンチ類に起きているリアルタイムの種分化に関する30年以上のフィールドワークの成果が凝縮されたすごく濃密で贅沢な本.『フィンチの嘴』で有名になった気候の年次変動と嘴の形態の関係については,形態を制御する遺伝子の胚発生中の発現時期が種によって異なるといったエボデボ研究,気候条件が同じでも島の種構成によっては嘴の形態への淘汰圧が逆向きになるといった群集生態学的研究など多方面に展開中.生殖隔離の重要な要素であるさえずりの種差・個体群差にも分量が割かれている.同所的分布のフィンチでは多くの種間に雑種がみられ,それによって系統関係にはいまだ未解決な部分もあるものの,じつはこうした雑種化が適応放散の初期段階では種分化に重要な役割を果たしているらしい.面積ー種数関係みたいなマクロ視点では見えない種分化の動的なプロセスの部分が学べます.



孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生
バッタの相変異の話に触れるのは小学生のときに昆虫図鑑で読んで以来.もっと固定的なものかと思ってたけど,実際には中間的な特徴の個体を含めたスペクトラムで,しかも成虫になってからもわずか2日の「混み合い」で卵のサイズを生み分けられたりかなり柔軟で迅速に環境変化に応答すると知って興味深かった.バッタのことなら何でも知りたいという(異常な?)愛情が多くの新たな発見に結びついているのがすごくいい.「泡説」をめぐっての大御所との論争も熱かった.



The Kingdom of Rarities
生態系はなぜ少数の普通種と多数の稀な種からなりたっているのか?という疑問を最初に提示しつつ,中身は研究者兼WWFの保全活動家である著者が世界各地の絶滅危惧種/絶滅危惧生態系の保全プロジェクトを訪ねる紀行文.ニューギニア島のフォジャ山脈での多数の新種の発見や,ベトナムのジャワサイの絶滅などごく最近の話題も多い.ただ,『ドードーの歌』や『翳りゆく楽園』のようにテーマのかぶる本をすでに読んでいたのであんまり目新しさはなかったかな.

続きを読む »

読書記録:2012下半期

12 28, 2012 | Book

0 Comments
今回は読書メーターに書いた,tweetよりちょっと長めのが多いです.


バナナの世界史――歴史を変えた果物の数奇な運命
Banana RepublicといえばGAPの上位ラインとして、変な名前だなあと思ってたけど、バナナに経済を依存しアグリビジネスと米政府の意のままに政権をすげ替えられる中米諸国のことだった。チキータ、ドールで知られるそんなアグリビジネスの裏側と、病原体との闘いを中心とした、現在進行形のバナナのダークヒストリー。先進国には事実上1品種しか出回ってない今の状況は病原体にとても脆弱で、過去にも起きたようにいつ崩壊してもおかしくない。東南アジアで食べたバナナは甘みも酸味も強くておいしかったけど在来種だったのかな


親切な進化生物学者―― ジョージ・プライスと利他行動の対価
どん底ではなく、生活を立て直そうと努力し始めた矢先に自ら命を絶ってしまったというのがまた悲しいけれど多くの自殺者もそうだと言いますね。利他行動の進化の研究史とプライス本人の破天荒な人生の伝記が絡み合う構成は見事で、題材は違うけど『不死細胞ヒーラ』を思い出した


Bird Sense: What It's Like to Be a Bird
鳥の五感+磁気感覚、感情についてそれぞれ1章というわかりやすい構成で、かといって教科書的にもならず、研究史をなぞりつつ印象深い研究は詳しめに、自らのフィールドワークでのエピソードもふまえた楽しい読み物でした。もちろん鳥類界の変わり者たちも羽に毒をもつピトフーイ、特殊な生殖器をもつウシハタオリ、エコーロケーション能力をもつアブラヨタカなど多数紹介。邦訳の既刊がある著者だし、これも訳されるといいなあ。

<2013/3/12 追記>
...と思ってたら邦訳が出ましたね!
英語メディアでもかなり評判がよく、いろんなサイトで去年の科学書ベストセレクションに選ばれていました。
手に取りやすくなったということで改めておすすめします。

鳥たちの驚異的な感覚世界




コンゴ・ジャーニー〈上〉

コンゴ・ジャーニー〈下〉
テレ湖の恐竜モケレ・ムベンベを探せ!濃ゆすぎる登場人物と共に人の命が紙切れのよに軽いコンゴ奥地に分け入れば、恐怖と疲労と呪術的日常が理性を浸食しいつしか夢も幻覚も現実も一緒くた。紀行物苦手な自分にも面白すぎな怪作だった

続きを読む »

読書感想Tweet: 2012上半期

06 20, 2012 | Book

0 Comments




















※以前の記事でTwitterの引用に利用していたBlackbird Bookmarkletが使えなくなったようなので,Twitterの公式の引用フォームを使いました.

読書感想Tweet: 2011下半期

11 10, 2011 | Book

0 Comments

移行化石の発見 http://t.co/eyyLyJe 魚の上陸やヒトの話は他にもたくさん和書あるのでウマやゾウの話が面白かった。人気ブロガーだけあって、あと訳もいいので読みやすい。2009くらいの論文まで引用されてるので情報が旬なうちにどうぞTue Jul 12 02:04:01 via Tweet Button


猫とあほんだら http://t.co/layudZP 町田康はこのシリーズしか読んでないので僕の中では猫エッセイが面白い人としてタグ付けされています。アテレコの猫のせりふがことごとく秀逸でニヤニヤするMon Jul 18 09:51:02 via Tweet Button


The Daily Coyote http://t.co/JEMDnPj まずはこのブログを→ http://t.co/GILB9DJ いま4歳のコヨーテのチャーリーとの最初の1年。筆者の彼氏が親きょうだいを駆除したあと気まぐれに連れてくるという始まりがすごいSun Aug 14 00:30:05 via Tweet Button


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学 http://t.co/4J294uX カワウソ好き必読。最後の一押しは密猟でも水質汚染でも開発でもなく連携不足?あまりにお粗末で泣けてくる。愛媛の保護への関心が高知にタイムラグなく伝わってれば絶滅は避けられたのかも。韓国がうらやましいーThu Aug 18 13:31:13 via Tweet Button


これが見納め―― 絶滅危惧の生きものたち、最後の光景 http://t.co/ZtpboOd 絶滅危惧種を見に行くルポは数あれど、これだけ読んでて楽しい本はそうない。ドーキンスの序文、引用多くてネタバレ感あるので最後がよかったかも。ヨウスコウカワイルカは本当に見納めに...Sun Sep 04 14:37:27 via Tweet Button


Swamplandia! http://t.co/iZip1r9t 表紙にひかれて久しぶりに英語で小説読んだ。もっとファンタジックな話かと思ってたので後半の鬱イベントがけっこうショック。兄貴のパートは正直あんま面白くなかったMon Oct 24 10:16:21 via Tweet Button


繁栄―明日を切り拓くための人類10万年史 http://t.co/yAfJkRJq 変化を嫌うあらゆる反動主義者に抵抗する!って立場には賛同するけどこれだけで楽観主義にはなれないかな。いま現在の問題はアフリカと気候変動しか触れず、コリアーとロンボルグの受け売りっぽかったのが残念Wed Oct 26 15:42:46 via Tweet Button


Neptune's Ark http://t.co/Z82t1Qy9 アメリカ西海岸を舞台に海の生きものをめぐるカンブリア紀から現代までの時間旅行(哺乳類中心)。貝専食のクマ、ヒゲも歯もあるクジラ、シャチのように哺乳類食のセイウチ!多彩な顔ぶれが楽しい。表紙を含めイラストも綺麗Sat Oct 29 12:25:14 via Tweet Button


アニマルズ・ピープル http://t.co/mO8fQHNr 主人公のボパール事件の後遺症で四つ足で這うことしかできない「動物」って設定はある意味チート。薬品会社との闘いは勝利も敗北もなく続くけど、何ももたない人々の強さがばしばし伝わってきて、読後感はすっきり。すごくよかったThu Nov 10 03:02:35 via Tweet Button


Dark Banquet http://t.co/WBkeuCAE チスイコウモリ研究者が案内する吸血生物の不思議な世界。3種のチスイコウモリはどこが違う?第6の指の役割は?ヒル療法は何に効く?ナンキンムシなぜ都会で復活?などなど。読みやすいしキモかわいいイラストもいい!Tue Nov 15 14:59:54 via Tweet Button


Rewilding the World http://t.co/CIkwWFDd ナミビア、ネパール、ブラジル、コスタリカ... 世界中で進行形のコミュニティーベース保全の紆余曲折と試行錯誤とひとにぎりのきらめく成功の兆し。けっこう感動した。生物多様性版『グッド・ニュース』。Mon Dec 05 15:06:51 via Tweet Button


生態系サービスという挑戦 http://t.co/drxdCEvG 途中いくつか寄り道しつつ、中心はCO2と同じように様々な生態系サービスをクレジット化して世界規模で取引するという遠大な計画。原著は9年前、いまもそのスケールではREDD+くらいしか大きな進展はみえないような...Mon Dec 12 16:35:51 via Tweet Button

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。