プロフィール

tama_lion

Author:tama_lion
FC2ブログへようこそ!

最新記事
Tags
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Recommended

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プルリス国立公園は爬虫類率高め

12 27, 2012 | Articles

0 Comments
プルリス国立公園は今回のマレーシアでの最後の目的地.タイ国境近くの小さな国立公園です.
タイピンからバターワースでバスを乗り継いでカンガーまで4-5時間.とりあえずここに一泊します.
小さい街で宿が少ないのがやや不安でしたが,Lonely Planetで目を付けてたところにあっさり部屋をとれたので周辺を散策.といっても街に見るものは別にないので足は自然と生きもののいそうなあたりに向かいます.

Kangar - 06
ミズオオトカゲ Varanus salvator
東南アジアの水辺には必ずといっていいほどいるミズさん.ここでも小さな川のほとりにいました.
今回の旅行中に見つけた中では最大の貫禄ある個体ですが,1.5mをちょっと超える程度なのでまだまだかな.

Kangar - 12
街のはずれのちょっとした遊歩道.

Kangar - 16
遊歩道の途中に展望台の看板があったので軽い気持ちで登り始めたら途中からものすごい傾斜になり,汗だくになりながらなんとか頂上へ.途中にCnemaspis属っぽいヤモリがいました.

Kangar - 17
夕暮れ時に見かけたダスキーラングール Trachypithecus obscurus の群れ.
目が合うと威嚇してきて心底ウザいカニクイザルと違って警戒心が強く慎ましい.

さて翌日.カンガーから1時間半ほどタクシーに乗ればもうプルリス国立公園に到着です.ちなみに料金は50リンギ.
12時前に着くとテナガザルがさかんに鳴き交わしていました.明け方に鳴くのかと思ってたら意外と朝遅いんですね.
ガイドさん曰く,このテナガザルの調査のために京大の霊長類研究者が来ていたこともあるとのこと.

Perlis NP - 03
シジミマブヤ Eutropis (Mabuya) maculata
着くなり足元にいたのでバックパックも背負ったまま反射的に捕獲.
よく見ると地味なりに主張のあるカラーリングで好きなトカゲです.

昼ごはんは公園内の食堂で,パークレンジャー養成の研修に来ていた現地の学生さんになぜか混じってタダで食べられました.ラッキー.魚のカレーがおいしかった.
この食堂,夜は人がいないので宿泊の場合は食料持参推奨ですが,最悪ゲートから20分くらい歩いたタイ国境の周辺にはいくらか店が出ているのでそこでも調達できます.

Perlis NP - 07
コグシカロテス Bronchocela cristatella
食後ぶらぶらしていたら樹上から突然どさっと何か落ちてきて,見たらライムグリーンのこいつでした.

Perlis NP - 14
タテスジマブヤ Eutropis (Mabuya) multifasciata.
これも東南アジアではおなじみ.うじゃうじゃいます.

Perlis NP - 12
体から長ーい角の生えたクモ.

Perlis NP - 34
トビトカゲ Draco sp.
かなり種数がいるみたいですが判別不能...

1時間くらい歩いたり写真撮ったりした後,ふと足に違和感を覚えて靴を脱ごうとすると,そこには恐ろしい光景が!
全く痛みはないのに,両足とも血みどろ.
はい,ヒルでした.あわせて10匹くらい.
タマンネガラでもクックフォーン国立公園(ベトナム)でも一度もヒルに咬まれたことはなかったからといって何の警戒もしてなかった自分が悪いのですが,それにしてもこの短時間で?!どんだけ生息密度高いの?!と驚きました.
それから道をよく見てみると,たしかに落ち葉の上に3cmくらいのがユラユラしてるのを何度も目にします.
基本的に病気を媒介しないのは安心ですが,血が止まらないのはかなり鬱陶しいです.後で腰の辺りも咬まれていたことがわかって,結局1泊2日で靴下2足とTシャツ1枚ダメにしました.

続きを読む »

スポンサーサイト

マレーヤマネコに会える!タイピン動物園

12 08, 2012 | Articles

1 Comments
ネコ科のなかでも最も生態や生息状況がわかっていない種のひとつ,マレーヤマネコ Prionailurus planiceps
カメラトラップ技術が普及した近年においても,他種と好む環境が違うためかほとんど写ることがないようです.
このマレーヤマネコを飼育している動物園は世界に3カ所だけで,タイのKhao Kheow Open Zoo, マレーシアのマラッカ動物園とタイピン動物園にいる(らしい).
情報がちょっと古かったので,今はもういなくてもへこまない心構えで,でもわくわくしつつ,そのタイピン動物園に行ってきました.

いました.

IMG_0169.jpg
...酷い画像ですみません... ナイトサファリだったので...

IMG_0164.jpg
真ん丸で中心に寄った目,小さな耳,すぼまったような口.
ボケまくりですがちょっとネコ科離れした「変な顔」さは伝わるでしょうか?
1/4くらいスローロリスが混ざってそうです.体型も胴が寸詰まりで,ネコなのにネコじゃない感じがします.

IMG_0168.jpg
IMG_0167.jpg
この2枚で見てほしいのは前足の爪.
ネコ科のなかの例外として,チーターの爪が常に露出しているのは有名ですが,実はマレーヤマネコとスナドリネコも爪を完全に収納できません.
この2種はネコ科でもっとも魚食性に特化していて,そのための適応と考えられますが,詳しいことは不明です.

マレーヤマネコの分布に関して最近,過去のすべての発見情報から好む環境条件を推定し,現在の環境条件に照らしておおまかな生息域(マレー半島南部,スマトラ島,ボルネオ島)をより細かいスケールに絞り込んだ研究が発表されています.
Wilting et al. (2010) Modelling the Species Distribution of Flat-Headed Cats (Prionailurus planiceps), an Endangered South-East Asian Small Felid. PLoS 0ne 5: e9612 (フリーアクセス)
これによればマレー半島の生息可能地域はわずかに3カ所,それもスマトラ・ボルネオに比べるとかなり狭く分断化されたエリアしかないようです.
前述の3園のあいだに繁殖プログラムなどがあるのかどうかはわかりませんが,少なくともマレー半島の個体群に関してはそういうのが必要な段階にあるのかもしれません.

さて,動物園のクオリティに関しては,タイピンはけっこうな田舎町なのであまり期待はしていなかったのですが,意外なほど良かったです.
動物ごとのスペースはかなり広めで,しかもケージ内で熱帯植物が成長し放題になっていて雰囲気があります.印象的にはズーラシアを古くして手作りっぽさを足した感じ.
ナイトサファリと先に書きましたが,シンガポールのように別の施設ではなく,18:00にいったん閉めたあと20:00から23:00までナイトサファリとして営業するという形です.
夜の園内はおよそ営業中の娯楽施設とは思えない暗さで,高い灯火はかなり少なく(ほぼなかったような気が)足元を照らす電灯と飼育舎のライトアップが主でした.
カメラのAFが暗すぎて全くといっていいほど効かないので,写真を撮りたいなら昼(というか午前中)に行った方がいいかもしれません.僕も大雨さえなければ翌日の午前中にもう一度行きたかったです.

そんな訳で写真は諦め気味であまり撮っていなかったのですがおまけ.

IMG_0177.jpg
ブレブレですがビロードカワウソ.これも飼っているところは珍しいはず.
コツメと同じように社会性の強い種で,グループで飼われていました.

IMG_0190.jpg
マイフェイバリット・ネコ科のアジアゴールデンキャットさん!ここはちょっと明るかったのでまともに写ってます.

IMG_0141.jpg
ニルガイなんで撮ったんだっけ,とちょっと考えてからMFの試し撮り対象にしたのを思い出しました.

フレイザーズ・ヒルで鳥をみる

12 04, 2012 | Articles

0 Comments
エアアジアの航空券があまりにも安かったので,9月の末に一人ふらりとマレーシアに遊びに行きました.

深夜0時ごろ羽田を発ち,翌朝7時ごろクアラルンプール着.
マレーシアはもう3回目なのですが,LCCはクアラルンプール国際空港KLIAではなくて別の空港に着くことを知らなくてちょっと戸惑いました.
適当に朝食をとった後,バードウォッチャーの天国といわれるフレイザーズ・ヒルへ向かいます.
昔は直行バスがあったらしいですが,いまはまず電車でKL SentralからKuala Kubu Bharuへ行き,そこからタクシーになります.
タクシーはLonely Planetには片道50リンギ(約1300円)とあったのですが100リンギとられました.交渉できる雰囲気じゃなかったんですが,ぼられたかなあ...
まあこまけえことはいいんだよ!山道を1時間ほどぐわんぐわん揺られ(舗装はちゃんとされてるので大したことないですが),KLからトータル3時間弱,12時前にフレイザーズ・ヒルに到着しました.

ここは標高1200m超なのでけっこう寒いです.僕はだいたい昼間はTシャツに薄いパーカー,夜はその上にレインスーツの上を着てました.
山なので天気は変わりやすいです.2日目はほぼ一日中雨で,することもないので部屋で本読んだり前日撮った写真をtwitterにあげたり...旅先でまでひきこもり.出発前,1泊でもいいかなあと悩みましたが2泊にしといて正解でした.あ,ちなみに一番安い宿でもwifiはちゃんと入りましたよ.

高原リゾートらしく乗馬やアーチェリーもできますが,まあやるわけもなく晴れてる間は道路とトレイルをうろうろ.
この地図がわりと見やすくてプリントアウトして持ち歩いていました.http://kyspeaks.com/photos3/fraser_full_map.gif
一番長いPine Tree Trail以外は天気さえよければ1日で回りきれそうな感じでした.道も歩きやすいし.

ではお待ちかね,生きもの写真をどうぞー.
まずは鳥類編.

Frasers Hill - 009
アカメビタキ Ficedula solitaris
トレイルで最初に見つけた茶色い地味な小鳥.
5mくらい先の目立つ場所に止まり,近づくとちょっと飛んでまた目立つ場所に止まり,という感じでしばらく先導してくれました.好奇心が旺盛なのかも.

Frasers Hill - 052
バラエリキヌバネドリ Harpactes diardii
この写真では伝わらないと思いますが,お腹の目の覚めるような鮮やかな赤が特徴的なヒヨドリ大の美しい鳥.
以前マレーシアの別の場所でも見ましたが,何度見ても幸せ...
これはおそらく若いオスで,成熟したオスはさらに派手になります.

Frasers Hill - 043
ミヤマヒヨドリ Hypsipetes mcclellandii
シックな緑の体色以外はほとんどヒヨドリまんま.
後のチャガシラガビチョウと混群をつくっていました.

Frasers Hill - 080
オナガウタイチメドリ Heterophasia picaoides
オナガの尾を3割くらい伸ばしたような大きさと形で,きっとカラス科だろうと思って調べたらチメドリ科で驚きました.
たしかによく見たら顔がカラス科じゃないわ.
5,6羽の群れが高い枝先でなにかの実を食べていました.

Frasers Hill - 144
アカフサゴシキドリ Psilopogon pyrolophus
鮮やかな緑の体と翼に厚い嘴で,遠目から見つけたときはインコの一種かと思いました.
キツツキに比較的近縁で,嘴で木に穴をあけて営巣するところも同じ.
ぱっと見の形からして日本にいるどの鳥とも違っていて,なんとなく不思議な面白さがあります.

続きを読む »

輝け!キンモグラ

02 05, 2012 | Articles

0 Comments
モルフォ蝶,タマムシ,カワセミなど,メタリックで変幻自在の輝きをもつ生物は枚挙にいとまがありません.
かれらの輝きは特殊な色素ではなく,表面のナノレベルの微細な構造によって引き起こされるもので,構造色と呼ばれます.
今回紹介する研究で,昆虫や鳥や爬虫類に比べると地味ぃなものが多い哺乳類の世界にも,この構造色の輝きをもっている動物がいることがわかりました.
その名はキンモグラ.
地中でひっそりと暮らすかれらは,輝きを競ったりはしませんーキンモグラは盲目なんです.

Iridescent colour production in hairs of blind golden moles (Chrysochloridae)

こちらは紹介記事.
World's only iridescent mammal is a shiny accident

キンモグラはサハラ以南のアフリカに20種ほどが生息する地中性の哺乳類のグループ.かつてはモグラ,ハリネズミ,トガリネズミなどと同じ食虫目に分類されていましたが,分子系統学的手法による再分類の結果,現在ではテンレック・ポタモガーレと共にアフリカトガリネズミ目(テンレック目)におかれています.

ARKive photo - Juliana's golden-mole in habitat


※動画の後半までキンモグラは出てきません.

キンモグラの毛が紫や緑の輝きをもっていることは以前から知られていました.4種のキンモグラ(Amblysomus hottentotus, A. septentrionals, Chrysochloris asiatica, Eremitalpa granti)の上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の構造を電子顕微鏡で観察したところ,上毛は断面が○ではなくきしめん状につぶれていて反射面が大きくなっていること,キューティクルが小さくて開かずに非常になめらかに重なり合っていること(シャンプーのCMでいうと上毛が使用後,下毛が使用前のような感じ),さらにキューティクルのひとつひとつが6-19層の明るい色と暗い色の層からなっていることがわかりました.最後の層構造は甲虫の上翅にもみられるもので,直接的にはこれが特殊な反射を生み出しているものの,層の間の反射率の違いが小さいため,先の2つも構造色の輝きを生み出すのに重要な要因であると著者らは述べています.

それにしても,なぜキンモグラは構造色を手に入れたのでしょうか.
構造色でもそうでなくても,あざやかな色彩は性淘汰形質とされるのが普通ですが,盲目のキンモグラには明らかにこれはあてはまりません.
いちばんありそうな仮説として,著者らは地中生活への適応の副産物ではないかと推測しています.
砂や泥の中の移動は毛の表面を著しく摩耗させるので,耐久性を上げるための層構造が生まれ,それがたまたま構造色にちょうどいい数と厚さだった.毛の表面が平らでなめらかなのも,接触する砂や泥をできるだけ乱さない適応,という具合です.
これが本当なら,他の地中性の動物にも性淘汰によらない構造色があってもよさそうです.
シーボルトミミズなんかそうかも?あと,いわゆる潜り系スキンク(トカゲ)もつやつやしたのが多いですね.

にしても,輝きを与えられたのに永遠にそれを目にすることはないなんて,おとぎ話の悲劇のヒロインのようですね.

Snyder et al. (in press) Iridescent colour production in hairs of blind golden moles (Chrysochloridae). Biology Letters. doi:10.1098

暴力の連鎖 in ガラパゴス

12 28, 2011 | Articles

0 Comments
観光業者と地元住民の軋轢は修復不可能な域にまで達し,ダーウィンが愛した進化の実験場を危機に陥れているー

ーみたいな話ではなく,今回の主役はカツオドリ.

Nazca Boobies (Sula granti) Nesting
ナスカカツオドリ.Photo by Bill Bumgarner on Flickr

CHUMSのキャラクターとしてもおなじみの,ペリカン目カツオドリ科に属する大型の海鳥で,10種程度が知られています.
ユニークな顔つき,いじらしい求愛ダンス,寿命が長く一夫一婦制(ただし一定の割合で「離婚」もある:人間もそうですが)など,親しみのわく特徴をそなえる彼ら.しかしガラパゴス諸島に生息する3種のカツオドリのひとつ,ナスカカツオドリSula grantiには知られざるダークサイドがあります.

それはきょうだい殺しとヒナの虐待.

ナスカカツオドリはふつう一度に2つの卵を産みますが,育てるヒナは一羽だけ.
2番目は最初の卵が孵らなかった時のスペアに過ぎず,2羽とも孵った場合は先に孵ったヒナが弟妹を殺してしまうのです.

また,虐待は,その年の繁殖を見送ってコロニー内でヒマしている成鳥が行う奇妙な悪癖で,親鳥が留守の隙によその巣を訪れ,ヒナにかみつくわ交尾を迫るわといったもの(こちらは殺すまではいかない).これもきわめて高頻度で行われていて,この虐待を受けずにおとなになるヒナはいないといいます.

ちなみに近縁のアオアシカツオドリSula nebouxiiにはどちらの行動もほとんど見られません.

Blue Footed Booby Courtship Dance
アオアシカツオドリ.Photo by Scott Ableman on Flickr

となると想像はつきますが,やはりきょうだい殺しとよその子虐待には関連がありました.
2008年に発表された研究で,弟妹を殺さなかった(一緒に仲良く育ったのではなく,もう1つの卵が孵らなかった)ヒナよりも殺したヒナの方が,体内のアンドロゲン濃度が高く,成鳥になったあともよそのヒナに対して攻撃的ということがわかっています.
つまり競争相手を消し,親鳥が捕ってくるエサを独占するという適応的な攻撃性が,副産物として成長後のよそのヒナへの攻撃をうむ,という説明が成り立つわけです.

ヒナをいじめる様子の写真はこちら Boobie Album: Images of Bullying Birds (LiveScience)

しかし弟妹を殺さなかったヒナが虐待をしないわけではないので,この悪癖には他の原因もあるはず.
そこで注目されたのが,「虐待の連鎖」でした.

ヒトにおいては,子どもの頃の被虐待・被ネグレクト経験は成長後の犯罪のリスクになる(念のためいうと,もちろん大多数は犯罪に手を染めない)ことが知られています(例えばWidom & Maxfield, 2001 ただし直接自分の子どもへの虐待・ネグレクトへという話はすぐには見つかりませんでした).
鳥では,それも親以外の個体からの虐待ではどうなのか?

24羽の野生のナスカカツオドリを対象に,ヒナのときに受けた虐待の頻度と成鳥になってからよそのヒナを虐待した頻度の関連をみると,やはりそこには正の相関があり,しかもその結びつきは前述のきょうだい殺しと虐待の関係よりもはるかに強いものでした.

すべてのヒナがなんらかの虐待を受けているから,(まだわからない生理的メカニズムによって)きょうだい殺しをしたしてないに関わらず成鳥になると自分も虐待者になるのであって,そこにはなんのためという適応的説明はいらないのかも,と著者らは言います.また,ナスカカツオドリがアオアシカツオドリのヒナをいじめることもあり,その場合暴力の連鎖が別種にまで波及するのかどうかも興味深いテーマ,とも.

実はこの研究,夏のアメリカの学会でポスター発表されていたのですが,ずっと人だかりでちゃんと説明を聞けなくて残念でした.どうやら野外実験もやってるらしいのですが... 今後も注目しておきたい研究です.

参考文献
Müller et al. (2008). Perinatal androgens and adult behavior vary with nestling social system in siblicidal boobies. PLoS ONE 3:e2460.
Müller et al. (2011). Maltreated nestlings exhibit correlated maltreatment as adults: evidence of a "cycle of violence" in Nazca Boobies (Sula granti). The Auk 128: 615-619.
Widom & Maxfield. (2001). An Update on the “Cycle of Violence”. Research in Brief, Washington, D.C.: U.S. Department of Justice, National Institute of Justice. NCJ 184894.

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。