プロフィール

tama_lion

Author:tama_lion
FC2ブログへようこそ!

最新記事
Tags
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Recommended

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォッサが日本にやってきた!(1)分類

03 25, 2010 | Articles

0 Comments
2月13日、上野動物園で日本で初めてフォッサが公開されました。
謎の動物フォッサ、日本初公開!

僕が上野動物園で実習をしていた2年前から話は聞いていたし、マダガスカルの森ができたときからフォッサのイラストもあったので、いろいろ紆余曲折はあったのかもしれませんが、とにかく見られるようになってよかったです。
公開の翌週にさっそく見にいってきました。

IMG_2481-1.jpg
かわいい寝顔です。着いたのが昼過ぎだったこともあり、この手の動物は寝てばっかりかなと思ったのですが、実はフォッサは昼夜問わず活動する種。ちょうどエサの時間でもあったので、活発な姿を見せてくれました。

IMG_2537-2.jpg
ある種のシカのような錆色と灰色の混ざったような毛色。模様は一切なく、地味ながら艶やかで綺麗です。

IMG_2536-1.jpg
マングースの仲間の瞳孔は普通-型(ヤギと同じ)ですが、フォッサはシャープな猫目です。

IMG_2538-1.jpg
長くはないけれど逞しい足。爪は半分引っ込めることができます。

IMG_2530-3.jpg
「家政婦は見た」ごっこではなくて、おそらく脇の臭腺でマーキングをしているのでしょう。

ところで動物園の説明書きには、「ネコ目マダガスカルマングース科」とあります。
たいていの人は「ああマングース、ヘビを食べるあれの仲間なんだ」
ちょっと動物に詳しい人は「え?ジャコウネコ科じゃないの?」と思うでしょう。
従来マダガスカルの食肉目はフォッサがジャコウネコ科、ワオマングースやホソスジマングースがマングース科に分類されてきました。
しかし近年の分子生物学的手法による研究によって、これらは1800-2400万年前に分岐した単一系統であり、マングース科に近縁であるとわかったそうです。
これによりマダガスカルの食肉目はみなマダガスカルマングース科Eupleridaeに再分類する考え方が主流となりつつあるようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Eupleridae

ややこしい話をもうひとつ。学名をFossa fossanaという動物がいますが、これはフォッサのことではなく、マダガスカルジャコウネコのこと。フォッサの学名はCryptoprocta feroxです。もちろんマダガスカルジャコウネコもマダガスカルマングース科で、ジャコウネコ科ではありません。うーん、和名をなんとかして欲しいですね。

ややこしくなってきたので、フォッサの独特の繁殖システムについては次の記事で紹介します。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。