プロフィール

tama_lion

Author:tama_lion
FC2ブログへようこそ!

最新記事
Tags
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Recommended

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーターがインドに帰ってくる!

12 08, 2010 | Articles

0 Comments
以前アジアライオンの記事で、過密になったギル国立公園から他の保護区に一部個体を移出する計画があることを紹介しました。その候補地のクノ野生動物保護区に、ライオンではなくチーター再導入される見通しになったようです。

Kuno Palpur to get cheetah, not lions

実はこの話は7月にすでに報道されていたもので、記事にしようと思いつつ時間が経ってしまいました。

India approves plans to reintroduce cheetah

比べて読むと7月の報道はインド環境省が計画を出したというもの、今回はそれが候補地のあるマディヤプラデシュ州の了承を得たというもののようです。

チーターもまた「え、アジアにもいるの?」という動物かもしれませんが、本来の分布域は中央部を除くアフリカ全土と西アジアからインドにかけて。ライオンとよく似ています。古代エジプトやムガル帝国ではチーターを飼いならし、猟犬のように狩りに使っていました。
Cheetah_range.gif
Wikipedia - Cheetah

しかし20世紀に入り、アジアのチーターは狩猟によるガゼルなどの草食獣の激減、直接の駆除や狩猟によってほとんどの国々で絶滅。イランの一部に100頭足らずの個体群を残すのみになってしまいました(※パキスタン、アフガニスタンにも少数生存している可能性あり)。インドでは最後に殺されたのが1947年、目撃例も1967年に途絶え、インドで最初に、そしていまのところ唯一、人間活動によって絶滅した哺乳類となりました。

このような経緯から、2000年ごろからインドにチーター再導入しようという動きが始まっていました。
最初はイランからチーターを譲り受け、クローン個体を作って導入する予定だったようです。クローン個体の寿命の短さ、「絶滅の渦」に巻き込まれないだけの最小個体数を確保することの困難さを考えると無謀といわざるを得ませんが... 想像するにバイオテクノロジーの技術をアピールする意図もあったのでしょう。しかしこれはイランが個体の譲渡を拒否しあえなく頓挫。

今回の計画ではチーターの全野生個体数の1/4(約3000頭)を有するナミビアや南アフリカからの導入が予定されています。
一般に、同じ種であっても遠く離れた地域の個体を導入することには遺伝子攪乱という問題があります。
しかしチーターの場合、免疫に関わる遺伝子領域の多様性が低いために血縁のない個体どうしでも皮膚移植が可能であったり、精子の奇形が他のネコ科動物と比較して非常に高かったりと、もともと遺伝的多様性が非常に低い種であることがわかっていました。チーターにボトルネック効果(過去に個体数が激減したことにより遺伝的多様性が低く保たれること)が働いたのは最終氷河期の終わり(約1万年前)であり、アフリカ東部と南部の個体群が分化し始めたのはわずか5000年前のことと推定されています。
これらの研究にはイランのチーターは含まれていないため、問題が全くないとはいえないでしょう。
しかし2桁しかいないイランのチーターは域内保全を優先すべきであり、移出するのは現実的に不可能である以上、妥当な選択ではないかと思います。
IMG_2372.jpg
チーター@多摩動物公園

では本来再導入するはずだったアジアライオンはどうなるのでしょうか。
ライオンは捕食者として子どもに対する最大の脅威であり、かつ大人からも獲物を奪う捕食寄生者として、明らかにチーターの生存には負の影響を与えています。
実際、チーターは白昼に狩りをすることで薄明性の他の捕食者を避けているといわれており、また現在ナミビアでチーターが増加しているのもライオンやハイエナが駆除された放牧地を利用しているためと考えられています。
以前の記事の通りライオンを渡したくないグジャラート州は、チーター再導入をライオンを諦めたとみなして好意的コメントを寄せているようです。
候補地のアセスメントを行ったNGOとしては、ライオンを諦めたわけではなく、ライオン・トラ・ヒョウ・チーターが共存する本来の生態系の復元へのステップと考えているとのことですが、チーターの定着と安定した増加がみられるまで、最低10年くらいは保留になるのではないかなと個人的には思います。
IMG_2699-1.jpg
アジアライオン@上野動物園

ところでクノ野生動物保護区でチーターの主な獲物になると期待されているのはブラックバック。螺旋状の角が美しい種です。
チーター再導入には当然サファリの観光収入も期待されているでしょうから、ブラックバックを時速100kmで追いつめるチーターの姿を見に行ける日も遠くないかもしれません。
ただ、この計画は多くの懸念を無視してトップダウンで進められているようで、研究者や自然保護団体からの反対意見も多いのが実情。そうした反対意見も別の機会に紹介したいと思います。
Black_Buck.jpg
Wikipedia - Blackbuck

参考文献・サイト
Caro,T. 1994. Cheetahs of the Serengeti Plains. University of Chicago Press.
Macdonald, D. and Loveridge, A. (eds). 2010. Biology and Conservation of Wild Felids. Oxford University Press.
Wildlife Trust of India




スポンサーサイト

アジアライオン-安住の地はどこに

04 08, 2010 | Articles

0 Comments
ライオンといえばアフリカの動物の代表格ですが、実はアジアにも生息しています。
アジアライオンはアフリカライオンよりもやや小型で(とはいえメスでも100kgは超える)、おなかにひだがあるのが特徴。
アフリカライオンは多ければ30頭を超えるプライドを形成するのに対し、アジアライオンのプライドはずっと小さくオス1,2頭とメス2-4頭であり、普段はオスとメスが別々に行動するという、社会構造の違いもあります。


かつてはバルカン半島からインド西部まで生息していたアジアライオンは、19世紀のうちに狩猟によってインド各地から姿を消し、イランでも1940年代に絶滅。ついにはグジャラート州ギル国立公園周辺の個体群を残すのみになりました。


大きな地図で見る

国を挙げての保護キャンペーンにもかかわらず密猟による減少に歯止めがかからないベンガルトラとは対照的に、ギルのアジアライオンの個体数は保護下におかれて以降、順調に回復してきました。
1985年に235頭だったのが、95年には304頭、2005年には359頭。
しかし過密化という新たな問題が深刻化しつつあります。
過去3年間で死亡したライオンは100頭以上。2007年には6頭が密猟者に殺される事件があったものの、ほとんどの死因はライオン同士の闘争によるものでした。
個体数が飽和したギルから分散し、保護区外の農村地域になわばりを構えるライオンも90年代からみられるようになりました。現在では60頭以上が確認され、家畜や人への被害も報告されています。

個体数の一極集中は、伝染病による大量死のリスクが高い危険な状態。
実際、ライオンの高密度で生息するアフリカのンゴロンゴロクレーターでは、ハエが媒介する伝染病によって個体群が壊滅しかかったことがあります。
インド野生生物局は90年代から再導入候補地を検討し、3つの候補の中から最も条件のよかったマディヤプラデーシュ州クノ野生動物保護区を再導入先に選びました。
ギルとクノ保護区の直線距離は約800km。クノには4-5のプライドが生息するのに十分な環境があるとされています。
しかし、すでにコアエリアからの住民の移住も行われたにもかかわらず、再導入計画は先延ばしにされています。


大きな地図で見る


原因はグジャラート州がギルのライオンの搬出を拒んでいるため。
この件は現在インドの最高裁で争われているそうです。インドは連邦国家なので州の権限が強いのでしょう。
グジャラート州の主張は、クノの気候はライオンに適していない、トラが生息しており競合が生じる、マディヤプラデーシュ州はトラの保護に成功していないから能力不足だ、といったもの。
しかし本音は「世界で唯一のアジアライオン生息地」という観光の目玉を失いたくないからだろう、とインドのメディアは報じているようです。
クノ保護区はベンガルトラの生息地として有名なランタンボール国立公園からわずか50kmほど。トラもライオンも1ヶ所で見られるなら、ギルまで見に来る人はたしかに減ってしまうかもしれません。

様々な問題を抱えつつ、増えつつあるアジアライオンの5年ぶりの個体数調査が今月24日から始まります。
今回は400頭を超えるのではないかという予測もあります。
裁判の決着はいつなのか、ちょっとわかりませんが、寅年にインドのライオンたちの良いニュースを聞くことができるといいですね。

*日本では「インドライオン」の方が通りがいいですが、元の生息地はインドに限らず、英名もAsiatic Lionなのであえて「アジアライオン」で通しました。

参考サイト:
http://www.asiaticlion.org/
http://www.asiatic-lion.org/index.html
http://asiatic-lion.blogspot.com/

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。