プロフィール

tama_lion

Author:tama_lion
FC2ブログへようこそ!

最新記事
Tags
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Recommended

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「肉食獣は獲物の内臓から食べる」は本当か?

02 16, 2011 | Articles

0 Comments
きっかけはTwitterでのこのやりとり.

セレーションと肉食動物の食性

恐竜やサメなどにみられるセレーション(歯の縁についた細かなギザギザ)と食性の関連から,セレーションのあった絶滅したネコ科動物,そして現代の肉食獣の捕食行動,と話題が広がるなかで,こんな話題が出てきました.

「肉食動物って草食動物のハラワタを最初に食うと昔聞いた覚えが.肉には少ないビタミンの補給目的とか.」

確かによく聞く話.でも,これって本当なんでしょうか?
やりとりの中にもあるように,チーターは内臓を避けると読んだことがありました.
また,ハイエナやリカオンのように,獲物の腹を生きたまま引き裂くタイプの狩りをする動物の場合,倒したあと内臓から食べ始めるのが栄養があるからなのか,食べやすく露出しているからなのかを区別することは困難です.

(内臓を最初に食べるために腹を裂いて殺す,という考えはちょっとなさそう.ネコ科動物は自分より背の高い獲物の首に犬歯を突き立てることができますが,これは収納可能な長く鋭い爪あってのもの.長距離走行に適した爪をもつイヌ科やハイエナにはこの戦法は向かず,代わりに口が届く範囲でもっとも脆弱な部分を狙って攻撃していると考えるのが自然でしょう)


そもそも内臓といってもたくさんあるわけで,どれを最初に食べるというのでしょうか?そして,それによって補われる栄養素はいったい何なのでしょうか?

「肉食獣 内臓」で検索してみると,どうも広く信じられている説はもう少し限定されているようです.

肉食獣についてーYahoo!知恵袋

そう,消化管の内容物が重要とされているんです.
でもこれ,ちょっと考えてもおかしくないですか?

肉は消化しやすいので,肉食獣の消化管は短くて単純な構造でも平気.一方植物は消化しづらいため,草食獣には反芻したり胃に共生細菌を住まわせたり長い腸が必要,というのはご承知の通り.
だったら胃の内容物を食べても,細菌の助けを借りられない肉食獣の貧弱な消化管から吸収できる栄養素なんてほとんどないのでは?肉食傾向が強い種は臼歯が発達していないので,物理的な分解だけは助けになるかもしれませんが.
だいたい胃の内容物って金曜夜の駅前によくあるアレですよ?まあ,嗅覚の発達していないカラスはよく食べてますけど...

というわけでちょっと手持ちの文献をあたってみました.

続きを読む »

スポンサーサイト

ケープギツネ

02 11, 2011 | Videos

0 Comments
南アフリカでケープギツネ Vulpes chama,オオミミギツネ Otocyon megalotis,セグロジャッカル Canis mesomelasの種間関係を調査している研究者を取り上げた番組.





セグロジャッカルはケープギツネやオオミミギツネを日常的に殺すけれども食べないこと,ケープギツネはセグロジャッカルのなわばりの外だけを利用していること,3種の餌の内容はほとんど重複しないことがわかってきた,という内容です.

アフリカのオオカミ - Wolf in Jackal's Clothing

02 05, 2011 | Articles

0 Comments
ハイイロオオカミ Canis lupus は北半球全域に分布し,人間によって多くの地域で絶滅に追いやられるまで,もっとも分布域の広い哺乳類でしたが,その分布域はこれまで考えられていた以上に広く,アフリカにまで及んでいたことがPLoS One掲載の論文で明らかになりました.
エジプトとエチオピアのジャッカルだと考えられてきた動物のDNAを調べた結果,ジャッカルよりもインドや中国のオオカミに近縁と判明したのです.

TVの動物番組に比較的よく出てくるのはセグロジャッカルですが,ジャッカルと呼ばれる動物は3種います.
セグロジャッカルは3種のなかで最も小型であり,アフリカ東部と南部に分布.
ヨコスジジャッカルは名前の通り側面に白いラインと白い尾先を持ち,セグロと一部で重複しながらアフリカの西~中南部に分布.
キンイロジャッカルはコヨーテに似た外見で,北~東アフリカのほかユーラシアにも西はイタリアから東はタイまで広く分布.
この研究の主役は,エジプトとエチオピアでキンイロジャッカルの亜種とされていた動物です.

セグロジャッカル Canis mesomelas


ヨコスジジャッカル Canis adustus


キンイロジャッカル Canis aureus


エジプトのキンイロジャッカル Canis aureus lupaster は大型で脚が長く,頭骨の特徴も他地域のキンイロジャッカルと異なっていて,ハイイロオオカミとの類似性はかの「ダーウィンの番犬」トマス・ハクスリーが19世紀に既に指摘していました.
分子系統学研究も2003年にリーズ大学の大学院生によって行われており,オオカミとの類似性が確認されたものの,サンプル数の少なさから分類の変更を提案するには至りませんでした.
PLoS Oneの研究ではこの2003年の研究に,著者らがエチオピアオオカミ Canis simensis の研究中に目撃した「オオカミっぽい」キンイロジャッカルの糞と死骸のDNAのサンプルを追加し,比較対象のオオカミやキンイロジャッカルのサンプルも増やして行われました.サンプルの採集場所と数はそれぞれ

キンイロジャッカル:セルビア3,イスラエル24,ケニア2,インド2
C. a. lupaster: エジプト7,エチオピア6.

オオカミはデータベースGenBankからカナダ,スウェーデン,サウジアラビア,日本(!)に加え,亜種インドオオカミ C. l. pallipes,亜種ヒマラヤオオカミ C. l. chanco(この2つは場所記載なし)を用いています.

著者らはミトコンドリアDNAの4つのプライマーを比較し,うち2つから系統樹を描きました.いずれもエジプトとエチオピアのC. a. lupasterがインドオオカミ・ヒマラヤオオカミと同じく古い系統のハイイロオオカミであることを示しています.それ以外のハイイロオオカミはより最近になって分布を広げた全北区 Holarctic オオカミとしてまとまり,これはインドオオカミとヒマラヤオオカミを別種と主張する研究とも一致する結果でした(サウジアラビアのオオカミがHolarcticの系統に入るのはちょっと変な気がしますが,言及はありません).

この結果は,2世紀越しの「エジプトオオカミか,エジプトジャッカルか」の論争に一応の決着をつけることになるでしょう.
アフリカオオカミ(仮)がどこまで分布しているのか,3種のジャッカルやエチオピアオオカミとどの程度分布が重なっているのか,形態的にキンイロジャッカルと区別する方法はあるのか,交雑はあるのかなど,新たな謎も少しずつ解明されていくことを期待したいですね.
BBCの記事の著者コメントにある「(西アフリカの)セネガルでもオオカミらしい動物がヨコスジジャッカルと群れをつくっている」というのも興味深いです.

参考文献
Rueness, E. K., Asmyhr, M. G., Sillero-Zubiri, C., Macdonald, D. W., Bekele, A., Atickem, A., et al. (2011). The Cryptic African Wolf: Canis aureus lupaster Is Not a Golden Jackal and Is Not Endemic to Egypt. (T. M. Gilbert, Ed.)PLoS ONE, 6(1), e16385. doi: 10.1371/journal.pone.0016385.

見えないネズミを捕れるわけ:キツネの磁気コンパス

01 22, 2011 | Articles

0 Comments
今年は日本各地が大雪に見舞われていますね。
地面が雪に覆われては動物も餌探しに一苦労ですが、アカギツネにとっては日常茶飯事。
雪の下のネズミの位置を鋭敏な聴覚で正確に特定し、ハイジャンプからの急襲でネズミを捕らえます。
この行動、英語ではその名もズバリ"mousing"と呼ばれています。



実はこの狩り、成功の秘訣は聴覚に加えて地磁気という第六感を駆使することにあると、Biology Letters掲載の論文が報告しています。

こちらは紹介記事:Predation by foxes aided by Earth's magnetic field

ドイツとチェコの研究者たちは、チェコ国内の65カ所で84頭のキツネによる95回の狩りを観察し、ジャンプの直前の体の向きを調べました。
狩りはもちろん百発百中とはいかず、また一度の狩りで何匹もネズミを捕まえることもあったようで、全部で592回のジャンプを記録し、うち200回は成功(117回)/失敗(83回)が確認できました。

これらを分析した結果、まずキツネはネズミを北東方向にとらえてジャンプする傾向にあり、また北東向きにジャンプした場合の狩りの成功率が高いことがわかりました。
さらに著者らは植生が短くネズミが見えていたであろう場合と、雪や長い植生によってネズミが隠れていた場合とに分けて分析を行いました。

すると見えていた場合には成功したジャンプも失敗したジャンプも方角に差がなかったのに対し、隠れていた場合の成功したジャンプはおよそ3/4が真北から20°東を中心とする範囲に集中していたことがわかりました。
ネズミが隠れている場合、向いている方角による狩りの成功率には驚くほどはっきりした差がみられ、北~北東(340°-40°)方向へのジャンプは72.5%が成功、その真逆の160°-220°方向へのジャンプも60%が成功したのに対し、それ以外の方向へのジャンプは18%しかネズミを捕まえられないというものでした。
また、これらの結果は個体差、季節、風向き、天候、狩りの時間帯のどれからも説明のつかないものでした。

なぜキツネは北東向きにジャンプし、なぜ北東向きのジャンプは成功率が高いのでしょうか?
著者らはキツネが磁気感覚を距離計として利用し、音源定位の正確性を補強していると考えています。
磁気感覚はさまざまな動物で報告されており、とくに鳥については生理的メカニズムのレベルで研究が進んでいます(参考:渡り鳥は磁場が見える:青色光受容体と磁気の感知)。

地磁気がどのような形で視覚情報と組み合わさっているかはまだ不明であるものの、現行のモデルにもとづいて明るさのグラデーションのように知覚されると仮定したのが先の紹介記事にある図(論文ではSupplement)です。
一番「明るく」見える位置に音源が重なるように近づくことで、常に同じ距離に獲物をとらえた正確なジャンプが可能になる仕組みです。

地磁気を方角ではなく距離の知覚のために利用する動物はこれまで知られていませんでした。
鳥の研究と違い、純粋な行動観察から野心的な仮説を提示した面白い研究だなあと思います。
北海道などキツネが身近な方、コンパスを持って検証してみてはいかが?

参考文献
Cervený, J., Begall, S., Koubek, P., Nováková, P. and Burda, H. 2011. Directional preference may enhance hunting accuracy in foraging foxes. Biology Letters, in press.







続きを読む »

Urban Carnivores - Youtubeでみる都市の肉食獣

12 28, 2010 | Articles

0 Comments
この間こんな本を読みました。

Urban Carnivores: Ecology, Conflict, and Conservation

内容は都市を生活環境にしている食肉目の動物についてこれまでの研究をまとめたもの。食性や行動圏の広さなど、読み物として面白いものではありませんが、有名なもの以外にもかなり多くの種が都市に住んでいることがわかっただけでも買う価値はあったなあと個人的には思います。
都市に住んでいれば人目に触れることが多く、当然動画におさめられることも。
最近、素人が撮った野生動物の動画を探すのがマイブームなので(臨場感あって良くないですか?)ここでちょっと紹介したいと思います。

ムナジロテン Martes foina
東~中央ヨーロッパの都市に1940年代から進出。
屋根裏に住みつくほか、この動画にあるように車に入り込んで配線などをかじってしまうのが問題になっているようです。


ピューマ Puma concolor
行動圏が都市内で完結するわけではないものの、その一部に人為的環境を含むことが珍しくないようです。
アメリカでは一旦はロッキー山脈以西に生息域が狭められながら、狩猟の規制によって東方に生息域を回復しつつあります。
動画はお母さんと子どもの会話がいい感じです。


ボブキャット Lynx rufus
最大体重10kg程度の中型のヤマネコ。主にロサンゼルス周辺の都市の個体群が研究されているようです。
人やペットに危害を加えることはほとんどなく、都市内部に残された比較的自然植生が残っているエリアに依存しながらひっそりと生息しています。


アカギツネ Vulpes vulpes
最も広い分布域をもつ哺乳類であり、都市進出の歴史もイギリスでは1930年代と古い。
都市では餌付けやゴミ捨て場での人為的な餌への依存度が高い。
狂犬病やエキノコックスのベクターとして潜在的な危険はあるものの、住民の見方はおおむね好意的。


コヨーテ Canis latrans
体重10-20kg、オオカミよりは小さいが家畜を襲う害獣としてオオカミ同様19世紀以降駆除され続けた。
にもかかわらず生息域は拡大を続け、もともと西部の動物だったがいまやNYのセントラルパークにすら生息。
ネコや小型犬を襲い、稀ながら人の死亡事故のケースもあるので一般的な印象はよくないようです。


ハイイロギツネ Urocyon cineroargenteus
アカギツネより小さく、系統的にはタヌキとアカギツネ以上に遠い関係。以前の記事(これこれ)で紹介したシマハイイロギツネはこの種が数千年前にチャネル諸島に渡ったものとわかっています。
ニューメキシコやカリフォルニアでは都市にも住んでいるが研究はあまり進んでいないようです。地域によっては天敵になりうるボブキャットやコヨーテを避けて行動しているとのこと。

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。